あなたのLED理解を助ける総合情報サイト

>

歴史から原理まであなたのLED理解を全面サポート

納得のゆくLED切り替え

私たちはあまりにも照明というものに慣れていますから、ホテルなどでも照明がどれくらいの経費になっているかということなども余り考えたりもしませんよね。コンビニなどの小売業についても同じことです。

どれくらい経費が削減できるのか、初期費用はどれくらいかかるのかということもよく検討しないといけません。日本電気サービスでは、こうした切り替えをするための現状の分析から始め、コンセプトを考えてはたして電気料金が削減可能かどうかを詳細に分析します。総合的に判断することで、今まで当たり前として使っていた電気代の削減を可能にするわけですね。

これはホテルなどの企業や商店ばかりではなく、一般家庭でも同じようにできることです。

効果的にLEDへ切り替えるためには?

一般家庭も企業も効果的にLEDに切り替えるために、LEDのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

*省エネになる。:各種信号灯などでは、一般的に消費電力は70ワット前後です。これがLEDでは12ワットくらいで済みます。*長寿命で壊れにくい。:、LEDの寿命は5万時間くらいです。構造内部の故障がなければ、電球のように突然切れることがありません。*低発熱です。:熱のために従来照明の設置がむつかしかったところにも設置ができます。*紫外線を発しません。:紫外線を出しませんから美術館などで作品を劣化させることが少ないです。また、紫外線が虫をひきつけますが、紫外線がないので虫が集まってくることが少ないです。照明器具の中の虫の死骸を掃除は嫌なものですね。


この記事をシェアする