あなたのLED理解を助ける総合情報サイト

>

価格が高くても、長期的には経済的なLED

LED導入でできる電気代の削減

日本電気サービスも行っているLEDへの切り替えサービスですが、日本電気サービスによると電気代の削減について次のような数値が出ています。*製造業:12.8%*卸売り・小売業:20.0%*宿泊施設:8.8%*病院:21.0%*社会福祉・介護施設:29.5%

ビルや建物などの照明は、建物が大きくなればなるほど電気代やメンテナンスの費用が大きくなります。電球や蛍光灯の取り換えの人員も必要になります。LEDは電気代も安く、長寿命のためにメンテナンスの費用もずっと小さくなります。工場や倉庫でも同じことですね。工場や倉庫はたいてい天井が高くできていますから、照明の交換はひと仕事です。

LEDでしたら、10年に一回くらいの交換で済みます。

幅広い用途のLED

工場などでも、手元を特に明るくしたい時などは、LEDの指向性を使えば、手元を特に明るくすることができます。

コンビニは長時間営業のところが多いので、日本電気サービスの資料でも明らかなように、LEDの導入が大きな経済性をもたらしますね。

LEDは室内ばかりではなく、屋外でも活躍します。高速道路の照明や町の防犯灯など、長時間使用される照明はLEDがどんどんと採用されていますね。紫外線フリーのために虫をひきつけませんから、虫の死骸が照明灯の付近に汚れを作りませんから、ショッピング街でも次第に採用されてきています。

室内やビルの誘導灯も24時間店頭が原則ですから、長時間の耐久性が要求されます。肝心な時に切れていたのでは役に立ちませんね。LEDは耐久性がありますから安心です。


この記事をシェアする