あなたのLED理解を助ける総合情報サイト

>

豊富な情報に振り回されないためのコツ

LEDの見えないデメリット

何といってもLEDは電子製品です。私たちの見えないところで電子部品が使われています。電子部品は高熱に弱いんですね。常温程度でしたら支障はありません。

長期的には経済的とはいえ、最初の購買については価格が高いですね。従来の照明源に比べると発光部分よりも内部の電子部分が多く電子部品特有のもろさがあります。

外部で使う場合には、発熱の少なさが災いして、雪の多い地方などでは、雪が照明源についてしまって溶けなくなることがあります。製造するときにどうしても色調にばらつきが起きやすいのです。

長寿命についても、発光部分について言えることで、照明源全体の電子部品も含めると必ずしも発光部分の数値のようにはならないようですね。

LED豆知識

日本電気サービスも行っているLEDの導入ですね。LED導入にあたって注意することをまとめてみました。

*LEDを選ぶ場合には熱に弱い点に注意して、排熱について注意するようにします。*LED設置においては、事故やトラブルがないように計画をする。*導入にあたっては、設置場所などを新しく考えるなどして、分析をきちんとすることですね。*色調にどうしてもばらつきがありますから、それを考慮したうえで使用方法や配置を考えるようにします。

LEDは現代の最良の照明源と言えるのかもしれませんが、デメリットがないわけではありません。LEDの優れたところと同時にそのデメリットもよく認識したうえで、用途に合わせて導入することが大切ですね。


この記事をシェアする